ドーナツドリッパーの評価 | ブラック

その心はばっちり満たされました!普段は、カリタでペーパードリップか、ネルドリップしています。お湯を指す右腕がプルプルしましたけど・・・。ちなみに、このドリッパーの特性は活かせませんが、ネルフィルター(手付き)の受けにも、ちょうどよく使えました。

早速ご紹介♪

2017年02月25日 ランキング上位商品↑

ドーナツドリッパー ブラックトーチ(TORCH)ドーナツドリッパー(1〜3人用) ブラック

詳しくはこちら b y 楽 天

でも!ドーナツ部分についたコーヒーのしずくを拭き取って匂いを確かめる瞬間!ふわっと幸せになれます。私も家族もそんなに舌が肥えている訳ではありませんが!違いは分かった気がします。コーノも後味が良くて好きですが!こちらはもっとはっきりと「コクがあってキレが良い」という感じです。コーヒーはインスタント派でしたが!このドーナツドリッパー欲しさにドリップ派に転向です。」程度です。挽いた珈琲をドリッパーに入れて平らにならすのが手間取ったりしますが、このドーナツドリッパーはドリッパー本体とサーバーにセットする為の木枠が別なので、少しの傾きならば、木枠にセットしたままドリッパーを動かして微調整ができるので使い勝手がいいです。使いやすいですし、何より可愛い!大事に使いたいと思います。自分好みを研究中です。ほんと濃いのにスッキリ、薄いってわけではない味に。細かいリブがないので洗いやすく!清潔に保てるのもいいです。見た目も可愛く!片付けも楽で最高です。(ハリオDFN-1 1〜2杯用、カリタの小サイズ4〜5杯用で試しました)他の方のレビューを見て、購入したのですが、可もなく不可もなくという感じですね。そもそも「違いのわかる女」を気取ってみたくて買ったんでした。なれるとこのほうが淹れやすいのでお勧めです。とある喫茶店で読んだ本でドーナツドリッパーが紹介されていて、気になって購入しました。普段は重めこってり系をよく飲むので!このドリッパーを使うのは!なんだか矛盾してるかな…と思いつつ。見た目かわいいですし。同じ豆!同じ量!同じ温度で!カリタと比べてみました。ケメックスのペーパーを三角形に折りなおして差し込むと5杯分いけました。しっかりとしたコクがあり切れのいい珈琲が淹れられます。木枠も使いますが!茶漉しのネットをはずして枠だけにして!そこにドーナツドリッパーをセットして使うと!ドリップポットはしっかり支えて湯を落とし!ドーナツドリッパーのほうを動かして淹れるという方法もあります。ドリッパーの見た目がとてもシンプルなので!使用前は!形状だけでそんなに変わる?なんて思ってましたが!違うもんですね。。それぞれの豆の独特の味!くせみたいな部分はやや薄れる気もするけれど!ちょっとあっさり目で飲みたい時にはいいかも。まだ、付属の「入れ方」のとおりにはできていません。他のドリッパーと違い、お湯の注ぎ方でずいぶん味わいが変わります。でも以前と比べれば丁寧に入れるようになったので!「んー!おいしいような気がしなくもないというか!時間かけたんだからおいしいはずだ。途中でもういいや、とお湯をどばーと入れてしまいます。残念ながら、味に感動したことはありません。コーノとこちらのドリッパーと同時に同じ豆を使って淹れて比べてみました。ドリッパーとしては少しお高めですが、買って良かったと思います。普通のドリップ式とそう差はないと思います。多めに淹れて、後で温めなおして飲むことが要らなくなると思います。面白い。色はブラックを購入しましたが!白木でもお洒落で!木目が素敵です。一人分をペーパードリップで淹れるとどうしても薄いというか!コクがない仕上がりになりますが!うわさのこのドリッパーで説明書にしたがって淹れると!3杯分淹れたときのようなかんじです。